マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

お荷物になるのはイヤです

薬剤師として、知識だけあってもダメだということは分かっています。

 

ですが自信が無いボク、パゴロウは暇さえあれば勉強したくなる。

 

その為今日は、通勤しながら本を読んでお勉強。

f:id:maricats:20200611212718j:image

“駄目!ながら歩き!”

 

余所見しながら歩いていたパゴロウさんは、薬局が建つ丘の途中にある丸太につまづいて、コロンとひっくり返ってしまいました。

 

「ああ、もうっ。朝から恥ずかしいっ」

 

「パゴロウさん?」

 

「マメチュー先生!?
おっおはようございます」


f:id:maricats:20200611212715j:image

転んで草まみれになってしまった、パゴロウさんの草をマメチュー先生は、優しく払ってくれました。

 

「ありがとうございます!すいません!ホントすいません!!」

 

「パゴロウさん、そんなに気にしないで下さい。
さぁいきましょう!立てますか?」 

 

(転んで草まみれになる新人…ホント、ボクって仕事の出来ない人の典型みたい。

せめて、足手まといにはならないようにしたいのに)


f:id:maricats:20200611212723j:image

薬局内のお掃除中。

 

張り切り過ぎたパゴロウさんは、勢い余ってホウキでクラゲさんを吹き飛ばしてしまいました。

 

「クラゲさん、ごめんなさい。本当にごめんなさい」

 

謝りながらパゴロウさんは学生時代に研修先で、出会ったベテラン女薬剤師の事を呟いていた、モンスターペイシェントさんを思い出す。


f:id:maricats:20200611212712j:image

「簡単に辞めさせる事はできないし。
同僚にとってもそれこそ、患者にとっても迷惑だし。
給料だけ貰いにくる役立たずの邪魔人間」

 

“ギクッ”

(ボクのこと?邪魔な存在。迷惑な存在)

-熱ガ出ソウナ予感-


f:id:maricats:20200611212709j:image

邪魔者扱い。

 

休日になると出現。
家の中でゴロゴロしている昭和オヤジ。


f:id:maricats:20200611212732j:image

(パゴロウさんの偏見)

 

“トゥルルルル、トゥルルルル”

ショポンと落ち込んでいたパゴロウさんの耳に、薬局に電話がかかってきた音が聞こえる。

(電話っ)

 

パゴロウさんは慌てて受話器をとる。

(新人のボクに出来ることっ) 

 

そう、あのベテラン女薬剤師は電話を取ることすらしませんでした。

 

のちに聞いた話です。

あのベテラン女薬剤師はその後、患者さんに暴言を吐いた事が問題となり、上司に注意されたそうです。

 

本人には暴言を吐いた自覚は無かったようですが、さすがに居づらくなったのか、介護を理由に辞めていったとのこと。

 

残念ながら、こういうお話は珍しく無いようです。


f:id:maricats:20200611212705j:image

暴言を吐かれた患者さんって、モンスターペイシェントさんじゃないよね…


f:id:maricats:20200611212727j:image

パゴロウさんはその時、電話を受けていた事を思い出す。

 

「はい、パゴロウです」

 

「?」

 

「えっと、マメクスリカフェです」

 

「あら、この間の男の子ね」

 

電話をかけてきたのは、患者さんのキノコさんでした。

 

「マメチュー先生に代わって頂ける?この間のお薬の相談がしたくて」

 

「はい、お待ちください」

 

(ボクは相変わらず昭和オヤジ…)

じつは電話が鳴る5秒前に、気付く事が出来るパゴロウさん。


f:id:maricats:20200611212702j:image

でも今の所ボクはその能力と同じ位、役に立てていません…

(やだなぁ)

 

また熱が出てきてしまいそう。