マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

薬学生の研修

パゴロウさんは薬学生時代研修の為、病院や調剤薬局に研修に行っていました。

 

f:id:maricats:20200608193219j:image

当時は言われるがまま、されるがまま。

 

5ヶ月も実習期間があったのに、日々何が何だか分からずに、いつの間にか終了していました。

 

成績はいい方だと思っていたのに。

 

恥かかないよう勉強し、あわよくば「こんなに出来る学生は初めてだよ。今すぐ即戦力として働いて欲しい位だ」なんて言われてしまうかも、と妄想までしてしまっていたのに………

 

ですが学校で学んだ通りには全くいきません。

 


f:id:maricats:20200608193203j:image

どうやら机の上だけの勉強で、分かった気になっていただけのようでした。

 

どうして誰も学んだ通りに行く方法を、教えといてくれないのでしょう?

 

教科書に載っている例文以外の、イレギュラーな出来事に対する対応がまったく出来ない………


ある日ー。

ボクが大好きな笹を、自分で育てようと思い立ちました。

 

良い笹を育てるため、一生懸命本を読み込んでからの実践。

 

“美味しい笹の育て方”

失敗のないよう、しっかり本を読んだのはずなのに病気になってしまった笹。

 

何で?

この病気何?

直射日光には当てていないはずなのに、葉っぱが焼けているみたい。

 

根っこだって乾燥させていないし、ジメジメしたところに植えているのに。

だから何で?


f:id:maricats:20200608193206j:image

研修先の調剤薬局。

 

そこにはどう見ても、ベテランの女薬剤師がいました。

薬局長よりもこの薬局に、長くいるそうです。


f:id:maricats:20200608193226j:image

そこは患者さんの多い薬局で、皆さん大変そうでした。

 

なのにそのベテラン女薬剤師は、薬局の奥に引っ込んだまま、何もせず出て来ることもありません。


f:id:maricats:20200608193223j:image

教える立場なのでは、ないのでしょうか。

 

何を言われても、聞こえない振りをしているみたい。

 

そして何故か、そのベテラン女薬剤師に声をかけている患者さん。

何故??


f:id:maricats:20200608193229j:image

「アナタ耳が腐っているのですか?それとも聞こえない振り?」

 

パゴロウさんは知りませんが、声をかけている彼は、調剤薬局を経営する家の息子で薬剤師のイチイさん。

 

他の薬局を回っては、優秀な薬剤師をスカウトしています。

その一方で、駄目薬剤師の存在を許すことが出来ないようです。


f:id:maricats:20200608193216j:image

患者さんに直接呼ばれていると言うのに、身動き一つしなベテラン女薬剤師。

(凄い精神力です)

 

たまたまその間にいた、パゴロウさんの方があたふたしてしまいます。

 

「あ、あの~すいません。患者さんが…」

(っていうかあの患者さん怖い。あんな人もいるの?)


f:id:maricats:20200608193209j:image

きっとこのベテラン女薬剤師は、薬剤師免許をとって以降、全く勉強していないのかもしれません。

 

どんどん進化していく医療。

医師・看護師同様、常に学び続けなければいけない職業。

 

もうあのベテラン女薬剤師は、何も分からない素人同然なのかもしれない。

何の為に薬剤師になったのでしょう。

その癖、プライドは高く後輩薬剤師や、患者さんに対して「分からない」と、素直に言うことが出来ない。

この調剤薬局の、ただのお荷物。

だけど、おそらくは…

こういう人は、珍しく無いのかも知れない…

そんな風に思いました。

そして
“あの人のようにならないようにしなくては”
そんな風にも思いました。

“患者さんの役に立ちたいから!”

でも今は何も出来ずに、頭真っ白で立ちすくんでいるだけ。

ダメだぁ。

深呼吸。

ダメ…


f:id:maricats:20200608193213j:image

「おーい」

気が付くとさっきのこわい患者さんに、声をかけられていました。

 

心配そうにパゴロウさんを、見つめています。

「顔青いよ?君、もしかして学生さん?」


 「えっと、は、はいっ」


「ほら、学生!」

 

冷や汗をかいているパゴロウさんに、ハンカチを渡してくれる患者さん。

「え?あ?」
 
「未使用」  

戸惑っていると

「今日はもう帰るよ」
と、去っていきました。

パゴロウさんは、上手くお礼も言えず呆然。

 

鏡を見ると本当に、顔色が悪く冷や汗をかいている自分がいました。

 

(分かりやすく戸惑っちゃったんだ…患者さんに気付かれるくらい)

ダメダメだ。

こんなんじゃ。

 

患者さんの様子・表情の変化に気付かなければいけないのは、薬剤師である(まだ学生だけど)ボクの方なのに。

 

妄想通りの薬剤師になれなかった…

ではなく、妄想通りの薬剤師にならなくては。

そう決意したあの日の事。

今でも鮮明に思い出します。