マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

猫さんが名前を呼ばれた時の反応

急にポにゃちゃんの名前を、呼びたくなる事があります。

 

ちゃんと自分の名前を分かっているのかな?

 

呼んだらちゃんと反応してくれるのかな?

 

そんなことを確認したくなるのです。

 

f:id:maricats:20200412181510j:image

名前に反応しているのか。

声に反応しているのか。

一応ポにゃちゃんは耳だけ、ピクピクさせてくれます。

 

「こっちに来てくれないかな」

そう思って何度も呼んじゃうと、今度はは完全に無視。

 

寂しいものです。


一方のぽんちゃん。

ポいも帰宅後、お出かけ中のぽんちゃんに呼びかけます。


f:id:maricats:20200412181525j:image

姿は見えていないのですが、近くにいるかもしれない。

 

呼んだら聞こえるかな?

 

そう思ってとりあえず名前を呼んでみる…すると。


f:id:maricats:20200412181547j:image

毎回、遠くの方から
“トタタタタタ”と
猫さんが全力でダッシュする音が聞こえます。

 

そして「にゃああぁぁぁ!」
と叫びながら飛びついて来てくれるのです。

 嬉しいものです。

 

その後、一緒に部屋に入り即抱っこを要求。


f:id:maricats:20200412181514j:image

家の中でもぽんちゃんを呼ぶと、すぐお返事。


f:id:maricats:20200412181536j:image

すぐ抱っこ。


f:id:maricats:20200412181521j:image

どうやら“名前”に反応しているのではなく呼ぶときの“大きな声”に反応しているみたいです。

 

そして何故かすぐ抱っこ。


ある日、母親に用があった時の事。

大きな声で母を呼びつけるポいも。


f:id:maricats:20200412181533j:image

母の代わりに猫がやって来る。

 

f:id:maricats:20200412181842j:image

やっぱり大きな声に反応するぽんちゃん。

(大きな声がきらいなのかな?)

 

「にゃああああぁぁ!!」

 

と少し怒り気味ですっ飛んで来ます。

そして…


f:id:maricats:20200412181529j:image

抱っこというよりいつも腹に乗っかってくる。

 

「なんで…?」


f:id:maricats:20200412181540j:image

なんでなの?

 

いつも大きい声に腹立てながら、向かってくるぽんちゃん。

 

直後に腹の上で甘える。


f:id:maricats:20200412181543j:image
f:id:maricats:20200412181517j:image

静かにしろって事なのかね…

f:id:maricats:20200412212636j:image

「ポにゃちゃんはお返事しませんにゃ」