マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

宝石屋・香子

農家を営むケイヒさん。

お野菜を大事に育てています。

 

f:id:maricats:20200325203029j:image

ポ村を吹き渡る風が、色んな香りを運んできます。

土の香り

花の香り

草の香り

大好きです。

 

自然の香りを楽しんでいると、突然異様な匂いが…


f:id:maricats:20200325203012j:image
f:id:maricats:20200325203014j:image
f:id:maricats:20200325203036j:image

宝石屋の香子さん。

 

お店ではポ村産の水晶や、パワーストーンも扱っています。

 

香子さんは香水がお好きなようで、こちらへいらしたことがすぐに分かるくらい、匂いを身につけています。

 

それはケイヒさんが内心「芳香剤を持っているのかな?」と思う位の香りです。

 

でも花粉症を患うケイヒさんは、香子さんの存在を認識するのが遅れてしまいました。


f:id:maricats:20200325203021j:image
「逃げたわよね?
何よ、毎回。失礼ねっ。


図体ばっかり大きくなって、ホントいつまでも小心者なんだから。


子どもの頃から、全然変わらない。
雷、今も苦手でしょ!


小さい頃は雷の音を聞いては、怯えて泣いてたわよね~」


f:id:maricats:20200325203040j:image

確かに香子さんが放つ匂いは苦手です。

でも会うたびに同じ話をする所はもっと苦手です。


f:id:maricats:20200325203017j:image

「若いんだから、男とは」のくだりも苦手です。

 

さらに苦手なのはケイヒさんが大事にしているミミズの話。


土の腐敗した部分を、食べてくれると言われているミミズ。


ポ村のミミズはサイズが大きい為、農作物の荒らし屋“モグラ”が食べにくることはありません。


それにミミズのウンチは肥料にもなるのです。 


ケイヒさんにとってミミズは大切なお友だちなのです。


f:id:maricats:20200325203025j:image

自分が大事にしているものを悪く言われると、まるで自分が言われているように感じてしまいます。

 

悪気はないのでしょうけれど…

 

でもこのちょっとしたストレス、不安な心。

解消するにはどうしたら良いんだろう。

 

「アートギャラリーに行ってみようかなぁ。そこで卵かけご飯をサッと食ってサッと帰ろう」

 

ポ村のアートギャラリーでは、オーナーのクスドリさんが経営する卵料理屋もあるのです。

 

そのお店で扱う卵は薬並みの栄養成分があると言われています。

 

“心も体も元気に”それがお店のモットーです。

ついでに絵画も鑑賞していく事に。

飾られているのは、トウキさんの絵です。


f:id:maricats:20200325203032j:image

“不安”というものがどういうものか分からなくて、“不安”を抱いている、そんな絵。

 

洪水の中、水に飲まれそうになる家をどこかへ持ち去ろうとするカラス。


今、置かれている状況。

 

そしてカラスが連れて行こうとしている“どこか”

 

ケイヒさんは「どっちも不安だよ」と思うのですが。

 

この人は“不安を想像で描いてみた”んだろうなぁ。

 

不安が分からなくて不安?

 

上手く想像ができないけど、自分だけが不安やストレスを感じているわけじゃない…それだけは伝わりました。

 

「うん、帰ろう」