マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

どんぐり欲しい

パティスリーマルズは、生クリームみたいなパティシエのマルズさんが営むスイーツショップ。

 

f:id:maricats:20200306211005j:image

フルーツやナッツ、おやさいを中心に作られた健康的なスイーツを販売するお店です。


f:id:maricats:20200306210946j:image

どんぐりさんと協力しながら、テーブルをふきふきするお手伝いのりーちゃん。


f:id:maricats:20200306211014j:image
f:id:maricats:20200306211008j:image

マメチュー先生が、にゃこさんのお手々をひいて来店しました。


f:id:maricats:20200306211026j:image

「りーちゃん、覚えてくれてるんですね。
あと猫さん用のスイーツも頂けますか?」

 

「はい!」

 

りーちゃんは可愛いにゃこさんが、大好きです。

ついついマメチュー先生と、お手々つないで現れたにゃこさんを見つめてしまいます。


f:id:maricats:20200306211022j:image

一方にゃこさんは、まん丸のどんぐりさんと仲良しのりーちゃんが羨ましい。


「いいにゃぁ。ああいうの欲しいにゃぁ…」


f:id:maricats:20200306210951j:image
f:id:maricats:20200306211017j:image

お店に戻ってお茶の時間の後、にゃこさんはすやすや眠ってしまいました。


たくさん遊んで、お腹いっぱいになって疲れてしまったようです。

 

今日もまゆさんは、お仕事で留守。

 

にゃこさんが毎日まゆさんと一緒にいれなくて、寂しく思っていること。

 

りーちゃんとどんぐりさんを、羨ましそうに見つめていたこと。

 

その事に気付いていたマメチュー先生は、にゃこさんの為に、お友だち代わりのぬいぐるみを作ってあげることにしました。


f:id:maricats:20200306211029j:image

ようやく目覚めたにゃこさんに、ぬいぐるみをプレゼント。


「にゃ!?」

 

「上手に出来ましたかね?」

 

「くれるにゃの?」

 

にゃこさんとっても嬉しそう!


f:id:maricats:20200306210958j:image

(まゆちゃんが遅くなっても、我慢出来そうにゃす)
f:id:maricats:20200306210938j:image

「ただいま~」

 

「ん?ドア開かん…」

 

扉が何か柔らかいものにぶつかっているようです。


f:id:maricats:20200306211032j:image

玄関マットの上でぬいぐるみを抱きしめ、安心して眠るにゃこさん。

 

「これか、マメチュー先生のぬいぐるみ」

 

まゆさんはマメチュー先生に生薬を届けに行った時に、ぬいぐるみの話を聞いていました。


f:id:maricats:20200306210954j:image

「友達出来てよかったね」