マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

一人じゃ眠れません

まだヘソの尾が、付いた状態でうちの子になったぽんちゃん。

 

ヨチヨチ歩きの頃から、ポいもの後をついて廻っていました。

f:id:maricats:20200130182150j:image

ポテンコテンしながらついて来る小さき者。

着ているハンテンの中にも潜り込んでくる。


f:id:maricats:20200130182134j:image

まだまだ小さな猫さんです。
 
潰してしまいそうで怖いので、そ~っと離れる。

いなくなった事に気付いていないぽんちゃんは、一緒に寝ているつもりのようです。


f:id:maricats:20200130182203j:image
f:id:maricats:20200130182208j:image

一度抱っこしてあげるとなかなか離れないぽんちゃん。

 

子泣きじじい猫さんバージョン。 

 

子泣きじじい→抱き上げると石のように体重増加。しがみついて離れず、やがて命を奪うという妖怪。恐ろしいです。

f:id:maricats:20200130182206j:image

下ろそうとすると、泣いてわめいて大騒ぎ。

 

小さな猫さんの細い爪が服に食い込み、外すのが大変。

 

さらに問題は寝る時。


f:id:maricats:20200130182153j:image

当時、二段ベッドの一階が、ポいもの寝床。

 

ぽんちゃんはまだちんまりサイズの癖して、自分でヨチヨチベッドに上がり込んでくる。


f:id:maricats:20200130182212j:image

「ぽんちゃん自分のお布団で寝ようよ」

 

ポいもにとって初めて飼うフワフワ生物。

 

可愛くて、柔らかくてホントに小さい。

 

ハンテンに入り込んで来た時も思ったけれど、この子と一緒に寝たり何かしたら、潰してしまう。
 
朝起きてぽんちゃんが、冷たくなってたりしたら…


f:id:maricats:20200130182156j:image

どうしてもぽんちゃんと一緒に寝るのは無理だったので、ポあねと寝床を代わって貰う事にしました。

 

ポあねが、二段ベッドの一階。ポいもが、二階。

 

さすがに幼いぽんちゃんが、二階にまで上がって来れるわけが無い。

 

「今日からポあねと一緒に寝るのだよ」

 

所が二階にいるポいもを見て、声も裂けよとばかりに泣きじゃくる仔にゃこさん。

 

「なっなんで?」


f:id:maricats:20200130182159j:image

そして泣きながら一生懸命上がって来ちゃう。


f:id:maricats:20200130182143j:image
f:id:maricats:20200130182148j:image

「マジかよ」

 

“獅子は子を千尋の谷に突き落とす…”
そう聞いとります。

 

ぽんちゃんを再び一階へおろし、ベッドに手を掛けられないように、ハンテンを掛けて置く。

 

「ニィ~!!」

 

「これがぽんちゃんの為なのだよ。いっしょに寝るのは諦めて下さい」

 

それでもぽんちゃん、泣き喚きながら登って来る。


f:id:maricats:20200130182140j:image
f:id:maricats:20200130182132j:image

「負けたよ」

 

潰されないよう、自分で強く生き延びるのだよ。いいね?

「ミィ!」


f:id:maricats:20200130182137j:image

毎日一緒に眠った結果、ポいも猫アレルギーに。

 

まぁでも仕方ないですよね、こればっかりは。