マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

ナメ江の持病 その3

マメチュー先生が、青アザの理由を教えてくれました。
f:id:maricats:20200124124220j:image

「抗血栓薬デスカ?」

 

「そうです。ナメ江さんがいつも服用している、血液をサラサラにするお薬です」

 

「青アザは抗血栓薬によくある副作用だよ」

血の塊である血栓。


f:id:maricats:20200124124224j:image

血栓が血管を詰まらせないように服用するのが、抗血栓薬です。

 

「ナメ江、その薬さぁ。アザも出来やすいし、出血もしやすくなるんだよ」


f:id:maricats:20200124124207j:image

「血が止まりづらいと思うので、傷口はしばらく押さえて止血して下さい。それでも止まらない場合は、病院でみて貰って下さい」

 

それを聞いた血が苦手なナメ江さん。


f:id:maricats:20200124124216j:image

「ごめんなさい。血が苦手だった事に気付かずに。駄目薬剤師です。怖がらせちゃいましたね」

 

話をスッと変えるとてんまさん。

「まゆちゃんはさ、心筋梗塞にならないタイプで良かったね。」

 

心筋梗塞は、思った事をパーパー垂れ流しにするタイプの人は、かかりにくいのです。

その話を聞いたナメ江さん、思わずクスリと笑ってしまいます。

 

「お?笑ったな、てめえ!その風船玉みてぇな体、突いてやろうか?楊枝が良いか?針にするか?」

 

「ナメ江さん、慎重派だから大丈夫。アザ止まりですよ。怪我しているの、見たこと無いですもん」

 

「いやいや、てんま。分かってないなぁ。それは病気になる前の話。今は慎重になりすぎて逆に怪我しやすくなってんだよ」

 

「まゆちゃん!」

 

ナメ江さんが再び怯える前に、マメチュー先生が食事のサービス。


f:id:maricats:20200124124211j:image

「そうだ、ナメ江。甘いもん食って虫歯になったりすんなよ」

 

「甘イ物?最近食ベテナイデス」

 

「歯医者さんに通ってたりしますか?」


f:id:maricats:20200124124228j:image

「駄目ではないですよ。でも歯医者さんには、服用しているお薬のことは伝えて下さい」

 

「抗血栓薬を服用している時に、抜歯なんてしようものなら血止まんないよ。なかなか」


f:id:maricats:20200124124214j:image