マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

おトイレ事情

抱っこしてと口では言わず、態度で示すポにゃさん。

お腹が空いた時も同じです。

言葉でアピールしてくることはありません。

 

f:id:maricats:20200109165412j:image


f:id:maricats:20200109165417j:image

 

自分の食卓の前でご飯をくれるまで、ジッと黙って待っています。

 

「もうあげたじゃん。いつまでもそうして待ってたって、知らないからね」

 

「カリカリではにゃくて、“シーバのとろ~り”の方を下たい」

 

「あれは高いから今日はもう駄目!まだ食べたいなら、自分で稼いで自分で買っておいで」

 

それでも負けずに、しつこく圧をかけてくるポにゃさん。

 

「根性あるじゃんポにゃ。ほら“とろ~り”だ。くれてやらぁ」

 

簡単に猫さんの圧に屈して、甘やかしてしまう駄目人間ポいも。

一丁前に「高いから」とか言っていますが、買ってくるのはポあねです。

 

そんなポにゃちゃんでも突然「にゃーにゃー」わめきちらす事があります。

 


f:id:maricats:20200109165400j:image

部屋の外で何か言いながら、走り回っています。

しばらくして静かになってから、様子を伺うと…


f:id:maricats:20200109165408j:image
f:id:maricats:20200109165355j:image

ウンチをした時のお知らせは入れてきます。

ただポにゃさんは、ウンチをする前にも毎回知らせてきます。

 

「するにゃよ、するにゃよ!ウンチするにゃよ」

 

静かにしててくれていいのに。
便秘でウンチ出なくて気持ち悪いの?

 

でもポにゃさんだけではなく、職場の人もいちいちトイレの報告をしてきます。

世の中の動きは“トイレの報告をする”という方向に向かっているのですか?


f:id:maricats:20200109165404j:image

とっても可愛らしい娘さんたちなんですがねぇ。

 

「トイレ行ってもいい~?」 

 

「駄目だけど」
(どこへ行ってもクソ人間)

 

「じゃあここで漏らす-」

“もっと駄目だね、それは” 

 

「黙ってさっさと行って来い!」


ポにゃちゃんのトイレのお世話は出来ても、君たちのはちょっと無理です。

漏れたら自分で片しましょう。