マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

毎日心配

農家のケイヒさん。

今日も朝から畑でお仕事。

育てたお野菜を子どものように、大事にしてます。

 

f:id:maricats:20200104200203j:image

 

そんな時、背後に漂う悪しきものの気配。
f:id:maricats:20200104200206j:image

 

「おっまえ!どうやって入ってきた?!」

ポ村の出入り口にある鳥居。


f:id:maricats:20200104200201j:image

 

この鳥居には、悪しきものが村に侵入出来ないよう、結界としての効果があります。

 

ポ村の土地神様が、守って下さっているのです。

 

“人に悪さしたくなる症候群”

を患っている悪しきもの。

 

自分も腐っているのに、他の野菜や土を腐らせたり、人間に泥だんごをぶつけてきたりします。

 

「次々、野菜を腐らせようとすんなよなっ!ゾンビかよ!てめえは!!」


f:id:maricats:20200104200209j:image 

鳥居前で悪しきものと、言い争いをするケイヒさん。

 

“神様ハ鳥居ノ真ン中ヲ通ッテイイト聞キマシタ”

 

「下がれっ!疫病神っ!!」

 

長く生きている悪しきものは、たまにスルリと結界をすり抜けて、侵入してきてしまいます。

 

悪しきものは、腐っているので通常は短命で溶けて無くなってしまいます。

 

病気を患ってしまったお野菜。

そのままにしていると、やがて亡くなってしまいます。

 

しかし亡くなる前に、“影”の影響を受けるとたまに悪しきものになってしまうのです。


f:id:maricats:20200104200212j:image

 

(あんなものを生み出す訳にはいかない)

 

もちろん、ケイヒさんは毎日お野菜の様子を確認しているので、病気にしてしまうような事はありません。

 

それでも全ての病気を防げる訳ではないので、体調が悪そうなお野菜たちには、都度、薬剤や肥料を投与しています。

 

多少言葉使いが乱暴な時もありますが、繊細な所もあるケイヒさん。

自分が育てたお野菜たちが、心配で仕方がないのです。


f:id:maricats:20200104200158j:image

「病気にはならないよう細心の注意はしている。

 

でも災害が起きたら?
俺ちゃんと守ってやれるのか? 

もうマジでそういうの嫌だ!

地球ってやつは何で隙あらば、災害を起こそうとしてくんだ?

 

そういうやり方で、生物や植物を淘汰しようとしてんのか?」

 

ケイヒさん、本気で悩んでショボーする…

 

「胃痛ぇ」

食欲ないな。

いやでも体力つけなきゃ。

何食べよう。

「そうだ。三すくみの人たちに、この間なんか貰ったっけ」


続きます。