マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

しゃっくりって微妙に不愉快

ポ村の名産品の一つに、梅こんぶ茶があります。
f:id:maricats:20191210220514j:image

 

ふーふー、ちびちび、勿体振りながら飲むのが好きです。

梅こんぶ茶は、代謝UP・便秘解消・ダイエット等、様々な健康効果が得られますし、調味料の代わりにもなります。


f:id:maricats:20191210220517j:image 

「いらっしゃい。トビーくんも何か飲まれますか?」

 

「うん、イヒヒ」

 

「どうしました?楽しそうですね。はい。レモンスカッシュどうぞ」


f:id:maricats:20191210220524j:image

 

「うふっうふふふふっ。あのね。トビーくん今からこのレモンスカッシュを、一瞬でパッと消します」

 

「えぇっ?!一瞬で?」

 

「そう。トビーくん手品師になったーにゃっ。行くよ!見てて。ビックリするよ?」

 

「は、はいっ」


f:id:maricats:20191210220521j:image

 

「ふー……ほら!消えたね、どう?」

 

一瞬では決してありませんでした。

でもそんな事よりマメチュー先生は、一気に飲み物を飲み干してしまったトビーくんの事が心配。

 

「ねぇっ、どうっ?!」

 

「あ、はい。素敵な手品でした」

 

「うん、でしょ?……まっ、ひっくっ、あれ?ひっ」


f:id:maricats:20191210220542j:image

「しゃっくり、や~!いなくなれ~。チューマメ先生止めて~」

 

「しゃっくりを止める方法……確か横隔膜が痙攣して起こるんですよね。くまじろ先生に聞いた事があります。2日以上続くようなら病気が隠れている可能性もあるとか」 


f:id:maricats:20191210220545j:image

 

「トビーくんも、くまじろ先生にしゃっくりの事、聞いたことある~」

 

“トビーくんしゃっくり?それねぇ、トビーくんがママのお腹の中にいる時、お口に入った物を吐き出す為に備わった反射だよ。お腹の赤ちゃんにだけ必要なもの。一応しゃっくりの経路に刺激を与えるとおさまるよ”


f:id:maricats:20191210220646j:image

キノコさん、ふと何かに気付いたように語り出しました。

 

「しゃっくりの経路に刺激?じゃあ昔から言われているしゃっくりの止め方って、多少効果があるのかしら?驚かすとか、息止めるとかあれは刺激を与える為の行為なのね」

 

「じゃあさ-ひっくっ。トビーくんを驚かしてみて~、まっ」

 

キノコさんとマメチュー先生は、今まで人を驚かした事がありません。

 

「難しいです-」

 

「まっ、まっ、ひっくっ」

 

「私、手品は出来ないわぁ」

 

「まっ、まっ、う~ん、しゃっくりのやつぅ!!」

 

トビーくんは、しゃっくりを追い出そうと、思わず口に手を入れ、舌を引っ張っていました。


f:id:maricats:20191210220527j:image

 

「……うん?あれ?止まった!?しゃっくりを一瞬で消す手品~」

 

「まぁ、今のも手品?」

 

「トビーくん、止まって良かったですね。梅こんぶ茶温め直します。今度は、ゆっくり飲みましょう」 

 

「こぶ茶飲む~、ゆっくり飲む~」

 

“くまじろ先生の豆知識”

確かにしゃっくりを止める時に、舌を引っ張るのは効果的ですが、皆さんが行う時は清潔な指、もしくはガーゼ等で行って下さいね。

授業中・仕事中・移動中等すぐにしゃっくりを止めたいけど、手を口になんて突っ込めない!なんて時は、両耳に人差し指を入れると同様の効果が得られますよ。