マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

ぴりぴり七味

薬膳料理を主に提供する「小料理屋 三すくみ」と、ハーブティーやヘルシなお料理を提供している「マメクスリカフェ」

 

両者は調味料等を一緒に手作りする事があります。

 

本日は皆で七味を調合。

f:id:maricats:20191203185124j:image

薬局に遊びに来ていたトビーくん。

不思議そうにキョロキョロ見てまわります。


f:id:maricats:20191203185121j:image

 

マメチュー先生がトビーくんに優しく解説します。

「7種類の薬味や香辛料…いい香りのするものや、辛いものを入れたスパイスのことですよ」

 

「う~ん、あっ!お口ぴりぴりするやつ?」

 

「そうですよ。七味はお口ぴりぴりするやつです」

 

「ぴり好き-」


f:id:maricats:20191203185146j:image

 

ぴりぴりのお歌を歌う位、七味が好きなトビーくん。
  
一方、シュンとしているナメ江さん。

辛いものが苦手みたいです。

 

「麻ノ実モ苦手デス」

 

麻の実のカリッとした食感も苦手なようです。

 

「トビーくんはカリ好きー」

 

七味について語るフロ次さん。

 

「確か地方によって調合する薬味が違うんデスよね。でも麻の実は全国共通で七味に入れるハズ。デスよね、マメチュー先生?」

 

「はい。三大七味と言われているのが、東京・長野・京都の七味です。

 

共通して入れる薬味は、唐辛子・山椒・麻の実・黒胡麻。後は地方によって白胡麻・青のり・シソ・陳皮・けしの実・生姜等の違いがあります。

 

東京は味の濃いお蕎麦に合うように作られ、京都はおうどんに合うように香り重視で作られているようですよ」

 

「オウドンニ合ウ…デスカ?」

 

実はうどんが大好きなナメ江さん。

 

「ではナメ江さんのお口に合うように、京都の七味を参考に調合してみますか?」

 

「イインデスカ?何カ楽シクナッテキマシタ」

 

ナメ江さんが好きなうどんに合う七味作り。


f:id:maricats:20191203185118j:image

 

「おうどんは無いですが、豚汁を作っておきました。七味に合うと思うので、味見しながら作りませんか?」

 

そんなマメチュー先生の心遣いに、みんな遠慮せず甘えさせて貰う事にします。


f:id:maricats:20191203185137j:image

 

「マメチュー先生、豚汁美味しいデス。でもこの七味、色んなお料理に合いそうデスね。」

 

料理人のフロ次さん。
七味と料理の相性を想像している様子。

 

「王道なモノばかりが浮かんで来てしまいマス。味噌ラーメン・焼き鳥・牛丼.白菜の漬物・スルメマヨにきんぴらとコンニャクのピリ辛炒め」


f:id:maricats:20191203185133j:image

早く自分に合った…というかナメ江さんに合った七味を完成させたい!

 

案外変わった味が好みのナメ江さん。

 

でもまるで絶対舌感があるのではと思うほど、ちょっとの味の違いが気になるらしい。

f:id:maricats:20191203185141j:image

誰も妥協を促す事無く、会話で場を和ませながら永遠に協力。

 

「けしの実も入れてみません?アンパンに乗っかっているやつです」

 

「陳皮もっと足してみますか?香りが増しますよ。ゆずの皮は苦手でも陳皮ならくせ少ないと思います」

 

「麻の実や胡麻の“麻”はまゆさんの“麻”と同じ字なんですよね」


f:id:maricats:20191203185127j:image

!!?


ナメ江さん、突然の大号泣。

 

好みの味がなかなか作れなくて、悲しくなってしまったみたいです。

 

涙を流し過ぎて心なしかほっそり。

 

マメチュー先生が、落ち着かせるように、そっと豚汁を差し出します。

 

七味作りで疲れていたのか皆が見守る中、ジュルジュル食べ始めるナメ江さん。

 

涙も止まり満足したように、ため息をつく。

 

「マメチュー先生ゴチソウサマデシタ。ヤッパリマメチュー先生の豚汁ハソノママ頂クノガ一番美味シイデス」


f:id:maricats:20191203185153j:image

本日の七味作り終了しました。


f:id:maricats:20191203185149j:image

薬研堀不動院の辺りが医者町だった頃。

漢方を参考に誕生した七味。
当時は食欲増進、風邪予防、体をあたためる為の薬として販売していました。

“薬研”というのは漢方をすり潰す道具の事です。

七味の中に含まれるケシや麻の実。

ケシはアヘン(モルヒネ、ヘロインが作られる)の原料の事ですが勿論、七味の中に入っているのは害のないものです。

麻の実(大麻)もマリファナが作られるものとは違うので、安心してお召し上がり下さい。