マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

三すくみの一日

その日の早朝はとてもヒンヤリしていました。

しかし、徐々に暖かくなってきたので、こたつ布団を干す事にしました。

体温を上げるのにとても適した朝です。

f:id:maricats:20191202190834j:image

変温動物は、自分で体温を調節出来ません。

そのため午前中は主に、体温を上げることに専念します。

「そういえば、お友達と約束しちゃってたなぁ」
そんな事を思い出しても、体温を上げることに集中してしまいます。


f:id:maricats:20191202190831j:image

体温を上げている時は
「早く体を動かしてお仕事したい」
なんて思っているのですが、


体が暖まって気持ち良くなってくると今度は「このままずっとこうしていたいなぁ」と考えるようになってしまいます。

 

なのに今日は、なかなか体が暖まりません。

少し風が出てきてしまったようです。


f:id:maricats:20191202190821j:image

っていうかもう、かなり寒いです。

 


f:id:maricats:20191202190848j:image

 

家に入っていた方が、いい位の風です。


f:id:maricats:20191202190858j:image

f:id:maricats:20191203064647j:image

フロ次さんが、こたつ布団に気をとられていた頃。


f:id:maricats:20191203064634j:image

 

スネ文さん。

このまま何週間か、干していたらいい漢方薬になりそう。

早速マメチュー先生に連絡してみよう。
 
フロ次さんはそんな妄想をしながら、ナメ江さんとスネ文さんを一人で助けます。

いつもの事です。

f:id:maricats:20191203064735j:image

 

こたつ布団が、乗っかっただけなのに大袈裟に背中を痛がるナメ江さん。

 

体の水分をとられてしまったようです。

ガマの油を塗ってあげることにしたフロ次さん。

 

「ガララ」
お店の扉を開く音がしました。

もう開店時間になっていたようです。



f:id:maricats:20191202190838j:image

 

木じじいは珍しくムシさんと、外食に来てくれたみたい。

植物の成長に必要な三大栄養素を、摂取しに来たようです。

 

でも今はまだ開店準備中。

 

「ふぅ~」
 
木じじいとムシさんをガッカリさせてしました。

珍しく来店してくれたというのに。

そうだ……!


f:id:maricats:20191202190843j:image

 

ポ村名物の湧き水を、木じじいとムシさんに提供。

どうやら元々頼もうと思っていたらしく、とても喜んで頂きました。

ついでですが、ナメ江さんとスネ文さんも、お水を飲んで一息ついたとのこと。

 

安心しました。

 

“フロ次さん解説”

ナメ江さんに塗っていたガマの油。

落語にもありますよね。

 

四六のガマという、前足が四本指、後ろ足が六本指ある蛙。
  
鏡を見てその醜悪な自分の姿に驚いた四六のガマは、脂汗を流す。

 

その脂汗を採取し、数日間煮詰めたもの、それがガマの油です。

 

その油を塗られていたナメ江さん。

でも顔や背中ならまだしも、手足の指は鏡を見なくても目に入ると思うんですけど。

足がやけに多い生物を見るのは、確かに厳しいものがあります。

けど指が1~2本他の生物と違うのってそんなに怖いですかね?

 

筑波山の名物にもガマの油というものがあります。
その成分は主にワセリンであかぎれ・しもやけ・切り傷等に効くそうですよ。