マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

子ポいも

幼稚園~小学校低学年頃の休日。

 

近所の幼なじみ達の都合が悪い時、一人で虫取りアミを持って外へ飛び出していたポいも。

f:id:maricats:20191128081836j:image

 

アゲハ蝶の食草である山椒の木の元へ。 

卵や赤ちゃんを見つけるのが好きでした。


f:id:maricats:20191128081822j:image

でも見ていると、臭角という臭い角を出して、怒られてしまいます。

 

いつも大抵の生き物に嫌われるポいも。

 

とは言え、こちらが苦手な生き物もいます。

足の本数が多めの生き物とか…

 

母の庭掃除のお手伝いをするため、塀に張り付いた蔦を引き剥がした時。

 

ビッシリと。

 

それはもうビッシリギッシリと、足の本数が多い生物がいました。

君の名は……
「ヤスデ」だね。

 

それを見た時はもう。。。

 

失神するほどビックリして、手に持っていた熊手を投げ捨て、黙って部屋に戻ってしまいました。


f:id:maricats:20191128081827j:image

でも、風貌が壮絶過ぎて直視出来ないだけで、生態等は気になります。

 

ふわふわした生物は、「可愛いっ」と思いますけど、好奇心をそそられるのは、やっぱり昆虫ほう。
日々の暮らしぶりや能力が知りたくなります。

 

ふわふわ生物は好きでも母が大嫌いなので、身近で見ることが出来ませんでしたし。

 

そんな中、たまたま巣から落ちてしまったスズメの雛を見つける。

 

生き物が、飼いたくて仕方のない時期だったので、コソッと拾い上げました。

 

幼き者は無知なのです。

 

せっかくの命、スズメの雛を育てようとしたのです。


f:id:maricats:20191128081825j:image

 

結局、瞬きするほどの短い間に天国へ旅立ってしまいました。

 

生き物を飼うのは難しい。 


そもそも母が生き物を飼うことを許さない。
でもふわふわ生物を触りたい。

 

当時の誕生日プレゼント。

いつも、ぬいぐるみを欲しがってました。

ふわふわ生物の代わりです。


f:id:maricats:20191128081818j:image

その頃、一番ほしかったのは大きな犬。

 

大きなわこさんとお散歩するというのに、憧れてました。

 

勝手にその大きなわこさんが、自分を守ってくれる存在になる。
そう思っていました。

別に誰にも狙われてないんですけどね。

 

犬に限らず、大きな生物への憧れは強く、ぬいぐるみもなるべく大きいものを欲しがりました。


f:id:maricats:20191128081833j:image

 

でも買って貰えたのは、小型犬であるヨークシャーテリアのぬいぐるみ。

 

それでも早速、家の中で憧れのお散歩。


f:id:maricats:20191128081815j:image

多少感じる心の隙間。

 

それを埋めるように、大きな動物の絵を描くようになりました。


f:id:maricats:20191128081830j:image

 

ポいもが通っていた幼稚園では「絵画」「ピアノ」「英語」を教えてくれたので、そこで夢中になって、絵を描いていました。

 

いつも同じ絵。

 

憧れの大きな動物である馬。

それに乗る小さな女の子。
いつも横向き。

 

そしたら賞を貰いました。


f:id:maricats:20191128081839j:image

どんな賞だったのか当時、理解していませんでしたが大した賞では無かったと思います。
参加賞並のやつ。

 

幼い頃から12~3歳位迄は、こうしてお絵描きを楽しんでました。

 

その後、世間を知ると何故かどんどん描く事が苦痛になって……

 

このブログでは絵を描いてますけどね。

まともに描くのは実は、10数年ぶりなのでした。

 

賞を貰った時。
実は嬉しくもなんともなくて。

「両親が喜んでるなぁ」
と思いながら、写真撮られていただけで。

 

幼い頃は、人に認めて貰いたくて、描いていたわけではなかったから。

 

でも絵を描くのが楽しくなくなったのは、人が認めてくれないから。

最初で最後の賞だったんだから、喜んでおけば良かったです。

 

だけど今はもう、ふわふわ生物がそばにいますのでね。


f:id:maricats:20191128081810j:image

心の隙間、埋まってしまいました。