マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

養蜂家てんまさん

薬剤師をするかたわら、ミツバチさんたちを育てているてんまさん。

 

f:id:maricats:20191113184554j:image

 

ファミリーで暮らす社会性昆虫の、ミツバチたち。

 朝起きたら「おはよー」とか家族でいうてる。

きっとそう。

 

日がな一日、ボーッとしている虫とは生き方がだいぶ違います。

“チョウバエ”(モコついた体の小さき虫)とかさ。 排水回りでいつも何してるんですかね。 トイレ・風呂場でぼんやりしているようにしか見えません。

 

一方、ミツバチの女子は赤ちゃんや、おうちでゴロゴロしている男子たちに、ご飯を食べさせる日々。


f:id:maricats:20191113184558j:image

そして、おうちの修復までこなします。

 

ケイヒさんが育てている、農作物の受粉もしてくれています。

 

西洋ではマルハナバチという蜂も、愛されているそうです。

喜びの感情もあるし、人に懐くとも言われています。

てんまさんも、ミツバチさんたちとは仲良し。

一緒に蜜源を探しに行きます。

そしてついつまみ食い、井戸端会議が始まります。


f:id:maricats:20191113184616j:image

 

「うちの男たちってホント役立たずよね」

女子会でストレス発散。

「蝶々なんてあたしたちと違って、自分の分だけ食べてれば良いのよ」

「良いわよね、楽で」

「なのにずんぐりむっくりしてないのよね~」

「羨ましわよ、美しくて」

「花たちには“止まれよ、遊べよ♪”なんて言われてさ」


f:id:maricats:20191113184551j:image

 

「あたしたちなんて、“池の回りに花が咲いた”って知らされるだけよ」

 

「失礼しちゃうわ」

 

「誰も取り合ってくれないの」

 

ミツバチさんたちのお話に花が咲きすぎたので、てんまさんはお仕事再開を促します。

 

「そろそろ他のお花探そう?」

 

「うん?お花?」

 


f:id:maricats:20191113184608j:image

みんなが走って行った先には、小さな池がありました。

その回りにはたくさんのお花。

蜜源発見です。


f:id:maricats:20191113184601j:image

「まぁ、うちの赤ちゃんたちの喜ぶわ!」

「やっぱり一人で暮らすなんて寂しいだけよね」


f:id:maricats:20191113184604j:image

ミツバチの皆さんが苦労して作って下さる、美味しい蜂蜜。

自分の健康は、自分で管理する“セルフメディケーション”を行うには最適。
栄養たっぷり・副作用の無いお薬のような食材です。

 

蜂蜜の栄養を摂取するには、非加熱の純粋蜂蜜を購入しましょう。

・美肌、保湿効果
・疲労回復
・動脈硬化予防
・整腸作用

等々、蜂蜜には様々な効能があります。

特に有名なのが、殺菌・抗炎症作用。
消毒や、ヤケド、口内炎に効果があります。

のど飴にもハチミツ味は用いられ、ノドの痛みにもよく効きます。

 

注)
但し、一歳未満の赤んぼさんにはあげてはいけません。

ボツリヌス菌に対応出来ず、乳児ボツリヌス症を発症してしまう可能性があるためです。

症状が重篤な場合は、死亡例もあります。