マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

猫ノミ

人に思わず見せたくなる・知らせたくなるけど、実際にはしないこと。

ゴッソリと耳くそが取れた時。

ゴッソリとヘソのゴマが取れた時。

でも決して、見せません。

万が一、人にそんなものを見せられる立場になろうものなら……

そんなことしてくる奴ぁ、完全体の変質者ですよ。それが分かるので見せません。

でもなんかよく分かんないですけど……

大きな耳くそとか取れるとですね。
人に見せたくなるですよ。

そしてなんかスッキリして、ストレスが無くなる気さえするのです。

更に気持ちが良いといえば、大きなノミが取れた時。

f:id:maricats:20191112184844j:image

 

あるノミの一族が、ぽんちゃんの体をおうちにしてしまっているようです。

近所にある猫屋敷の猫さんたちから、うつされたのかも知れません。

なので猫クシを使って、ノミ退治開始!


f:id:maricats:20191112184819j:image

 

さっそくぽんちゃん「おこ」です。
f:id:maricats:20191112184808j:image

そうですか、キモいですか。

そしてやっぱりクシ嫌いですか。

でもノミ取りたいんです。
とっても取りたい!


ノミが取れると、スッキリして気持ちが良いんですものっ。


なのでぽんちゃんが、クシを握りしめて近付いてくるキモいババアの存在を忘れ、落ち着くのを待ちます。

ぽんちゃんによる引っかき傷の治りも、お年頃のせいで遅くなって来てますのでね。


f:id:maricats:20191112184812j:image

ノミ、ノミ、ノミっ!

f:id:maricats:20191112184826j:image

捕まえられたノミの末路。
f:id:maricats:20191112184840j:image

こんな極悪非道な事をしているのに、いっぺんに2~3匹捕まえられるとスカッとしてしまう!

逃げられる前に、セロテープ内に封印せねば!

そんな事しか頭にありません!

でもぽんちゃん、ご機嫌ナナメでノミを取らせてくれない。

そこでぽんちゃんのご機嫌が、治るのを待てないという時は……


f:id:maricats:20191112184836j:image

 

無趣味な人間に、「ノミを取ってその捕まえたノミを眺める」という趣味が出来る。

酷い趣味だよ。

ごめんね。

ノミたち。


f:id:maricats:20191112184832j:image

 

そんなノミババアに、日々狩られているというのに、クシだけでは何とか出来るレベルではない位、ノミが増殖!

ぽんちゃん貧血になっちゃうかもっ!

ノミ退治薬投入!

ぽんちゃんのお口が届かない所へポツリと。


f:id:maricats:20191112184823j:image
f:id:maricats:20191112184816j:image

 

今度はぽんちゃんではなく、ポいもの体をエサにするノミたち。

自分の体に吸い付くノミたちを、退治する日々が始まってしまう。

ノミをクシでは無く手で、一匹ずつ捕まえる。

それでも大きめのノミは捕まえやすいのですが、小さきノミはスッゴク捕まえづらい……

 

なのにやたら、小さいノミばかりが自分の足にくっついてくる。

「何故だろう」

当時ネットで読んだ記事。

“まだ小さなコドモの猫ノミは、人間と猫の区別がつかない為、人間の血もご飯だと勘違いして食べにくる”

「ホントかね……?」

真偽のほどは分かりませんが、捕まえづらい小さなノミばかりに好まれたのは事実です。


f:id:maricats:20191112184804j:image

 

ノミに咬まれたときの対処法

咬まれた部分は、清潔にして下さい。

症状が軽い場合は、保冷剤で冷やすだけでも症状が軽くなります。

市販薬もありますが、重い症状の時は、あまり効果が期待出来ないと思います。

痕が残らないよう、すぐに皮膚科を受診して下さい。

そして処方して貰った抗菌薬を、咬まれた部分に塗布しましょう。