マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

猫さん、ゴロゴロ

にゃこさんたちの出すゴロゴロ音は、低周波なので副交感神経を優位にしてくれる効果があり、心が癒されます。

さらには骨を丈夫にし、骨折の治療をゴロゴロして、手助けしてくれるんだそうです。

何なんでしょうね。
その不思議なチカラ。

f:id:maricats:20191102221750j:image

でも耳元でのゴロゴロは、ちょっとうるさそう。
f:id:maricats:20191102221754j:image

 

ポにゃちゃんは、よくゴロゴロ言う子です。

前にも書きましたが、見ているだけで撫でて貰えると思ってゴロゴロ。

妄想力があるのでしょうか。

いつ撫でてくれるのかと、ウキウキ・チラチラ。

 


f:id:maricats:20191102221802j:image

 

一方、ゴロゴロ音を出さないぽんちゃん。
聞こえないだけ?
甘えっ子さんで抱っこだ!いい子いい子だと要求はしてくるけど、ゴロゴロは言わない。

一応嬉しそうにはしているけれど、仁王立ちで撫でて貰っているだけ。


f:id:maricats:20191102221800j:image

 

死を願うほど、一分一秒も我慢出来ないほどの激しい痛み。

少しでも痛くない体勢を、探してみる。

それでも痛みで身体が痺れ出し、目の前が白く見え始める。

自分の身体に爪でも立てていないと、気を失いそうになる位の苦しみ。


f:id:maricats:20191102221810j:image

「今ちょっと……お腹痛くて……悪いけど……」

でもぽんちゃん、聞いてくれません。

自分のしたい事優先。
f:id:maricats:20191102221806j:image
f:id:maricats:20191102221746j:image

やっぱり猫さんじゃなくて、人間のお医者さまに治して貰おう。