マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

どうしてもにゃっこ(抱っこ)

猫アレルギーのせいで、首元が赤くブツブツし、痛痒くなっていたある日。

ぽんちゃんが、執拗に抱っこをせがんできました。

「今ムリ~!」
「にゃ~!」

無意味な言い争い。

仰向けで寝ているとお腹にのっかってきてしまうので、うつ伏せで寝ていたのに背中に無理やりのってくる。

我を通します。 

でもいつもと寝心地が違うらしく、人の背中の上でもぞもぞ体勢整える。

「仰向けになれ」とはさすがに言われませんでした。
「妥協もするにゃ」

 

f:id:maricats:20191013094825j:image

 

好きなもの、まぁ食べ物とか過剰に摂取すると、アレルギーが発症しやすくなるそうです。

そうですか…
猫を過剰に摂取してしまいましたか。


f:id:maricats:20191013094831j:image

 

猫さんとの触れ合い方は気を付けるべきだったんでしょうね。

食べるためだけに長野へ行くほど、蕎麦が大好きなポあねは「もし蕎麦アレルギーになったら」と怯えながら暮らしています。

それでも蕎麦の味が好きすぎて、そば粉を水でといて焼いた何やら味に問題がありそうなものを、とても大事そうに食べています。

 

 

食物アレルギー
神が食生活が偏らないように作り出して下すった病なの?
そんな回りくどい事をしないで、何を食べても病気にならない身体を下さい。

  
ついでに、どれだけ食べても太らない身体を下さい。

なるべく早めに。

お願いします。早めです。


猫アレルギー
いつの間にか発症してました。
猫さんとの触れ合い方、未だ変えられず。
甘いモノも、テレビも、猫さんも我慢出来る気がしない。

実家にいた頃。
ポいものベッド=猫さんたちのお布団でした。


f:id:maricats:20191013094828j:image

 

ぽんちゃんは勿論、近所の猫屋敷に住む猫さんたちも皆、ポいものベッドにある枕と壁の間に挟まっていました。

完全ネコサンド。

猫さんたちは、ネコサンド状態がとても落ち着くらしいです。

今日も色んな猫さんが、あちこちで色んなカタチのネコサンドをしているんでしょうね。

 

 

ただこの状況。
猫アレルギーをとても悪化させました。
f:id:maricats:20191013094821j:image

 

「ベッドに乗らないで」
これがどうしても猫さんたちに言えない。

母に「猫さんたちに正直に言いなさい」と注意されても生返事。

とはいえもう睡眠障害レベル。
ベッドにいるとず~っと目が、顔が、口の中が痛痒い!
クシャミ出る。

疲れて眠かったハズなのに、全然眠れなくなる。

だけど、隣で枕と壁に挟まって寝ている猫さんを見ると、つい撫でてしまっている。

いいじゃないか、別に。
死ぬわけじゃないのだ。

アナフィラキシーショックは起きたことないしっ。

 

でもポあねにくっついて実家を出たら症状だいぶ治まりました。

ポにゃちゃんは、たまにいいコいいコして貰いたがる程度。

後は人の部屋を見回りにくる程度。

ポあねも含め人と一緒に寝ることは無いのです。

「大人のにゃこさんは一人で寝るのにゃ」

ぽんちゃんに比べたら、接し方がだいぶクール。
物足りない位です。


f:id:maricats:20191013094817j:image

 

そうなんですよ、分かってます。

基本ポにゃちゃんって、ポいものこと目障りなんです。

良かった。

ポにゃちゃんから目障りだって思われてて。

だってそう思われてるから、症状軽くなったんだもの。

軽くなったよ、お母さん。