マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

お子さまとおくすり

くまじろ先生の診察帰り、処方せんを持って来局したトビーくんとママ。

 

f:id:maricats:20190917185046j:image

 

この間まで、元気だったトビーくん。

とても具合悪そう。


f:id:maricats:20190917185040j:image

 

熱冷ましの粉薬は熱が38.5℃以上でツラそうな時に、1包服用させて下さい。

熱が高くても元気そうなら、使用しなくても良いですよ。

体温を上げるのは身体の防御反応ですので。

ウイルスをやっつける為には必要な事です。


f:id:maricats:20190917185033j:image

 

本来は熱を高めることで、ウイルスをやっつけます。

無駄に薬を使用して熱を下げたりしたら、せっかくの身体の防御機能が発揮されません。

むしろウイルスが長く身体に留まってしまいます。


f:id:maricats:20190917185103j:image

 

熱が出たらすぐにお薬を飲ませなくては、と思っていたトビーくんママ。

「そうなんですか?お熱が下がらないとすっごく不安で……そんなに高くなくても飲ませた方が良いのかと。」

「平熱まで下げる必要はありません。安静にして、脇や足の付け根を冷やしてあげると良いですよ。」

「はい、分かりました。ありがとうございます。」


f:id:maricats:20190917185036j:image
f:id:maricats:20190917185043j:image
f:id:maricats:20190917185059j:image

 

トビーくんママはマメチュー先生に、現在のトビーくんの症状を説明。

「熱は下がりましたが、咳が続いているのでお薬が出ました。」


f:id:maricats:20190917185051j:image

 

「夜寝ている時も、咳込んでツラそうです。」

 

f:id:maricats:20190917185603j:image
f:id:maricats:20190917185607j:image

「咳もするし、くしゃみもするし、痰も出るよ。トビーくんと一緒だよ。」

「そうなんだ~」

 

マメチュー先生はトビーくんママに、痰の薬について服薬指導中。

「痰を切れやすくする粉薬は一日三回与えて下さい。後、呼吸を楽にする貼り薬が出ているので一日一回貼り替えて下さい。」


f:id:maricats:20190917185610j:image

 

「かぶれないようにしてあげて下さいね。」

 

 

つづく