マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

キャリーバッグ

f:id:maricats:20190725170647j:image
f:id:maricats:20190725170631j:image

 

トイレにも、食堂にも、自分のベッドにもいないと思ったらここ。


狭くて好きらしい。


ここに入れられてお医者に行くのは嫌いなのに…


忘れちゃうんだろうね。


f:id:maricats:20190725170639j:image
f:id:maricats:20190725170643j:image
f:id:maricats:20190725170636j:image
f:id:maricats:20190725170652j:image

 

しばらくキャリーバッグに近付きません。


f:id:maricats:20190725170650j:image

 

またポにゃ行方不明


f:id:maricats:20190725170633j:image

 

ポいもは毎回キャリーバッグの存在を忘れる。


そして本当にいつの間にか外に出てしまった!と思って慌てます。

はい。


ポにゃちゃんも普通にお医者の事は忘れます。