マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

猫アレルギー

f:id:maricats:20190616080332j:image
f:id:maricats:20190616080338j:image
f:id:maricats:20190616080327j:image

 

家族…同居人と認識されてからはマジ切れされるまでお触り。


f:id:maricats:20190616080316j:image
f:id:maricats:20190616080325j:image

 

ううっああぁっっっ!!!


f:id:maricats:20190616080341j:image
f:id:maricats:20190616080350j:image

 

ポいも、アレルギー発症
姉妹揃って猫アレルギー


f:id:maricats:20190616080354j:image
f:id:maricats:20190616080344j:image
f:id:maricats:20190616080318j:image
f:id:maricats:20190616080335j:image
f:id:maricats:20190616080347j:image
f:id:maricats:20190616080358j:image
f:id:maricats:20190616080322j:image

 

 

【 マメチュー先生の豆知識 】

 

◎ 目薬のさし方

 

まず基本的には、片方の手で下まぶたを引いて、その手に点眼瓶を持った手をのせ安定させて点眼します。

 

上の絵のように片手でさそうとすると、安定せず、外してしまいやすいです。

点眼瓶の先はまぶたやまつ毛に触れないように注意してください。

ばい菌が入って目薬が汚染されるのを防ぐ為です。

 

さした後、目をパチパチとたくさんまばたきしてしまうと、鼻涙管を通って鼻の方に流されてしまうので、まばたきはせず、静かに目を閉じている方が良いです。

目から溢れた分はティッシュなどで優しく拭き取りましょう。


f:id:maricats:20190616080401j:image