マメチュー先生の調剤薬局

マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

猫との出会い

昔、北の町で一人暮らしをしていたポあねが譲り受けたねこのポにゃちゃん。

 

以来、仲睦まじくふたりで幸せに暮らしていました。

f:id:maricats:20220313221855p:plain

ポいもがポにゃちゃんに初めて出会ったのは、北の町のポあねの元に遊びに行った時でした。

 

 

初めてポにゃちゃんを見た時の印象はというと。

f:id:maricats:20220313221434j:plain

「ポあねっ変なお顔のねこさんいるー」

 

「にゃも?!」

 

f:id:maricats:20220315233840j:plain

今のポにゃちゃん

この時代、誰かのお顔をいじってはいけません。

 

出会ってすぐ、ポいもはポにゃちゃんに嫌われました。

f:id:maricats:20220313221525p:plain

尋常じゃないほど、めっちゃ嫌われました。

 

 

嫌われた一番の原因は初対面なのにも関らず、パーソナルスペースを詰めすぎたことだと思います。

 

 

ポいもはつい、動植物であればなんでも近寄って触りたくなってしまうのです。

 

 

ポいもを嫌っているポにゃちゃんから、甘噛みでもない・ちょっと爪を立てたとかでもない、本気の攻撃を受ける。

f:id:maricats:20220313221832p:plain

 

 

「やば…こいつ…」

 

f:id:maricats:20220313222010p:plain

あまりの嫌われっぷりになす術もなく、ポあね宅に滞在中は、ちょっと距離を空けることにしました。

 

 

けれどポにゃちゃんから、厳しい監視を受けることになってしまいます。

 

ちょっと部屋を動くだけでも、監視される。

 

f:id:maricats:20220313222212p:plain

トイレに行く時も、何やら口をモゴモゴ動かしながらポいもの後をついてきます。

 

f:id:maricats:20220313231910p:plain

夜、割り当てられた寝室で寝る時も…

f:id:maricats:20220314230034p:plain

気配…

f:id:maricats:20220314230055p:plain

f:id:maricats:20220314230105p:plain

監視の手、緩めず。



滞在中、最後まで一切仲良くなれませんでした。

 

残念。

 

ポあねとの穏やかな日々を邪魔されたのがそんなに嫌だったのでしょうか。

 

物語のようにはうまくいかないねこさんとの関係。

 

結局、嫌われたまま終わってしまいました。

 

しかしこの凶暴なねこさんとは、数年後再会し、しかも一緒に暮らすことになってしまうのですが、それはまた別のお話。