マメチュー先生の調剤薬局

ねずみの薬剤師、マメチュー先生の日常と、調剤薬局でのお仕事を薬の知識も交えながらほのぼのと描いています。猫好き、猫飼いの管理人の飼い猫エピソードも時々登場します。

自己紹介編

ただいまの儀式

とっても甘えっ子さんだったぽんちゃん。 そんなぽんちゃんにとってポいもは抱っこ要員でした。 ぽんちゃんの次に出会った猫さんが、ポにゃちゃん。 猫さんって実は、こんなに構われるのを嫌うの? ポにゃちゃんと接して、初めて気づきました。 出会った当時…

両親とぽんちゃん

実家で飼っていたぽんちゃん。 動物大好きおじさんの父には「いい子、いい子」しかさせてあげませんでした。 「いい子、いい子ならいくらでもしていいにゃ」 ジジイ同士で抱っこ… そう考えると、ぽんちゃんが嫌がるのも分かる気がしますが。 でもぽんちゃん…

実家の父

ポあねが実家に帰ると、父が動画を見せてくるという。 「ほら、これ」 「ん、何?」 毎回父が見せてくる、この手の動画や写真に対するリアクションに、困っている様子のポあね。 “冬支度”という記事でも書きましたが、庭の木に小鳥用のオレンジを突き刺した…

ぽんちゃんとの日々、始まる

ポいも15歳。 生まれたての猫の赤ちゃんを、突然ポあねが学校から貰ってきました。 父以外は、初めて猫さんと一緒に暮らすことになります。 ぽんちゃんのおかげで、早速いいことがありました。 伯母に関しては動物嫌いな「母方の一族」で多少書いています な…

子ポいも

幼稚園~小学校低学年頃の休日。 近所の幼なじみ達の都合が悪い時、一人で虫取りアミを持って外へ飛び出していたポいも。 アゲハ蝶の食草である山椒の木の元へ。 卵や赤ちゃんを見つけるのが好きでした。 でも見ていると、臭角という臭い角を出して、怒られ…

不織布と猫

お~い、不織布が好きな猫さんはいるかぁ~いっ?! 「はい、ここにいるにゃす!」 ポにゃちゃんは不織布がとても好きです。とてもとても好きです。 洋服を買った時に、包まれていた不織布を放置していたりすると、いつの間にか乗っかっています。 猫さんっ…

蝉の密かな遊び

夏と言えば蝉。 よくあちこちで亡くなっています。前回のアオドウガネと一緒ですね。 他の生物が亡くなっている姿はあまり見かけないのに、蝉たちはどうして自分が死んだ事を伝えたいのでしょう。 せいぜい手を合わせる事くらいしか出来ないんですけど。 ア…

アオドウガネ

夏と言えば、アオドウガネですね。よく道端で亡くなっている緑色の昆虫です。 前に住んでいた町の商店街では、結構な数のアオドウガネが死んでいました…… つい数えたくなるほど。 15匹でした。 貴方が生きている時に見かけたいです。 なので生きているアオド…

母方の一族

母の一族は全員、動物嫌い。マジで大嫌い!ウイルスでも見るような目で動物を見てきます。 隣にあるおばあちゃん家を覗くぽんちゃん。 でも決して入れては貰えません。カーテンも閉められてしまう。それでもポあねやポいもが出てくるまでないているが、やっ…

キャリーバッグ

トイレにも、食堂にも、自分のベッドにもいないと思ったらここ。 狭くて好きらしい。 ここに入れられてお医者に行くのは嫌いなのに… 忘れちゃうんだろうね。 しばらくキャリーバッグに近付きません。 またポにゃ行方不明 ポいもは毎回キャリーバッグの存在を…

猫の寝姿

こっち、こっちこっちにゃよ きたにゃか? 今度はこっちにゃ はいつきましたここでおやすみにゃす どしたにゃ?もう寝るにゃよ まだアンモニャイトは出来まてん。 ちょっと上手になりました !!!!! あぁ~安心!安定の可愛いさ リラックスにゃ そろそろ…

一代目の猫ぽんちゃん

本当の可愛いがここにある まだへその尾がついている状態でうちの子になりました。爪もしまえず、目も開かず。この頃は一日中ミルクの香りがしていました。 近所の猫のおばさん。 幼い頃から人としか接していないので、にゃこさん同士のやりとりが上手に出…

猫とマットその2

ドアが開いた瞬間、出て行くポにゃを慌てて足で止めても。 スルリと出て行く。 ある時は… 玄関オープン・直後のジャンプ! とっさに空中キャッチ! マンションの階段を駆け上がろうとするポにゃを食い止めましたが… 配達のお姉さんから「マジ?!」 と一言頂…

猫とマット

玄関マットグチャグチャ。猫とは迷惑しかかけないもの。 扉が開くのを待つポにゃ。 そのまま出て行くポにゃ。おい!待て!どこへ行くっ

好きな匂い

メープルの匂い、好きです。味も好きだけど。 生クリームやフルーツたっぷりの華やかなパンケーキより、結局メープルシロップとバターだけのシンプルなパンケーキを頼んでしまいます。 水を飲んでいるポにゃ… ではなく コーヒーの匂いを嗅いでいるポにゃ。 …

ガス屋さんと猫

ポにゃは知らない人が苦手。その癖、張り切って玄関にお出迎えにいくところがある。 ポにゃをポあねの部屋にしまってから、ガス屋さんを招き入れる。 ガス屋さん?弱々しい声で呼んでる…点検終わった? でかいのに怯えて小さくなっているガス屋のヒゲおじさ…

ベストポジション

じじいだから高い所苦手。せっかくポあねが猫タワーを買ってきても遊びません。好きなように使います。 猫物件に引っ越したのに足場は一度も使いません。 なので荷物置き場になりました。 無料の猫ケアの訪問もじじいという理由で利用不可です。 でもそんな…

猫入浴中

痛くもなんともない筈なのに奇妙な声を出して嫌がるポにゃ。 可哀想なのでタオルで拭いてやることに… 怖ション もうポにゃちゃんは洗濯機で綺麗にして貰った方がいいにゃ!おねにゃんにすぐ告げ口するにゃんてっっ早くスタート押してくだたいっ

猫の安心ハウス

ポにゃの匂いがついた安心ハウス。 下には猫用ホットカーペットを敷いているので暖かそうです。 可愛い子猫ちゃんだったらこんなカンジ? ちょっと暑くなってきたかにゃ?でもまだここにいたいにゃ~ 半分だけ! にほんブログ村

寂しいお留守番中の猫

おねいにゃんのお出掛けを防ぐんニャー 可愛いしか取り柄のないにゃこさんはおねいにゃんを止められないんにゃ ポチッとお願いします。→ にほんブログ村

ふるさと納税

おねにゃんの大好きなスイカが届いたにゃ 今日のお夕飯にゃ ポいもはスイカを食べるのが面倒くさい。味は好きだけど。マンガや小説を読むのも好きだけど面倒くさい。ゲームも好きだけど面倒くさい…買うのも説明書読むのも面倒くさい……TVは良いね!つけるだけ…

にゃこ転送装置

「猫転送装置」というらしい。 床にテープで円を描くだけで、まるで吸い寄せられるようにその中に入ってしまうという、不思議な猫の習性。 たしかにいつもにゃこはマルに引き寄せられている。 もしも、ホントの本当にどこかに転送されてしまうのであれば、に…

猫アレルギー

家族…同居人と認識されてからはマジ切れされるまでお触り。 ううっああぁっっっ!!! ポいも、アレルギー発症姉妹揃って猫アレルギー 【 マメチュー先生の豆知識 】 ◎ 目薬のさし方 まず基本的には、片方の手で下まぶたを引いて、その手に点眼瓶を持った手…

猫、家族になる

猫との間の溝

このころ、ポにゃが好きだったご飯はシーバのカリカリ。 何だかんだで、ポにゃのご飯とトイレをコントロールしたのが良かったのか、1週間 もしないうちに噛み癖、ひっかき癖が無くなる。 そんにゃことしてたかにゃ? キオクにないにゃ~

イムネオールという聖水

イムネオールは「スースー」する香りだが、猫にとっては目にくるほど苦手な香りらしい。

猫さん調子にのる

「イムネオール100」 9種類を配合した(人間には)爽やかな香りのエッセンシャルオイル。 風邪のひき始めに鼻、のどがイガイガする時、香りを吸い込んだり。 肩こり、スポーツ後の疲労などに皮膚に塗ったりもできる。

猫に狙われる日常

のび〜〜 う〜〜ん 「ムム、なんにゃ? これ以上近づいたらどうなるか、わかってんにゃ?!」 立っている時はそれでも平気。 しかししゃがむと 猫のカギ爪がしっかりと腕に食い込みそのまま体重をかけてぶら下がられる。 さすがに声が出ないほどの痛み!数年…

再開した猫との暮らし

「なんにゃ! やるならやったるにゃ!!」 ポにゃとの出会いから約5年ぶりの再会。ポあね、ポにゃと3人で暮らす事に。 5年前に一度会っただけなのに 前より酷くなっていた。。

猫というものはカメラを何だと思っているのか

何で? いつもその顔 キメ顔なのかな?自然な写真撮らせて